TOP >住宅診断
関連記事
1.新築の住宅診断とは?
2.住宅診断を超える田中式建物診断
3.素人の営業マンの住宅診断の危険性
4.住宅診断をするのに必要な資格
5.どんな住宅診断を受ければいいか
6.新築の欠陥・手抜き工事の事例
7.費用をかけずに住宅診断するには
8.建物診断を行なうべき物件
9.役所の検査(完了検査)は、欠陥検査じゃない
10.引渡しまで合計4回の建物診断
7.費用をかけずに住宅診断するには

◆田中住宅診断事務所


私どもでは、田中住宅診断事務所で建物の欠陥検査の業務を行なっています。

田中住宅診断事務所の料金表

1.建物診断(非破壊検査も含む)
→料金250,000円(税別)

オプション:X線(レントゲン)検査
→料金250,000円

2.耐震診断
→料金150,000円(税別)

3.物件調査
→料金150,000円(税別)

セット割引
→料金500,000円(税別)
※X線検査は別途

上記1~3.の診断項目を全て実施する欠陥検査のことを『田中式建物診断』としています。

>田中住宅診断事務所へリンク

田中住宅診断事務所では、高価な検査機器を使用するハイレベルな欠陥検査を実施しますので、簡易的な住宅診断とは、料金設定が異なります。

簡易的な住宅診断と異なり、田中式建物診断なら隠れた瑕疵や欠陥を見落としなく知ることが出来ます。

しかし、新築の建売住宅を購入しようとする方は、予算に余裕がない方が多く、費用負担の問題で高価でハイレベルな田中式建物診断を実施できない人が大半です。

そこで、誕生したのが『ゼロシステムズ』です。

ゼロシステムズを利用して新築分譲住宅を購入される方には、田中住宅診断事務所の上記1~3.の建物診断を無料で実施しています。


◆『家を売るための住宅診断』と『建物診断のために家を売る』の違いとは?

一般的な不動産会社は、『家を売るために住宅診断』を導入しています。

しかし、当社では、『専門家が建物診断の仕事を確保するため』に不動産仲介業務を行うというアプローチです。

当社では、専門家スタッフが建物診断の仕事を確保するために不動産の専門家である代表田中勲を中心に仲介業務を行なっています。

従って、仲介業者の『売るための住宅診断』とは、診断へのアプローチとクオリティが全く違います。

一般的な不動産会社は、売主と買主の両方から仲介手数料を受領します。

しかし、ゼロシステムズでは、買主からの仲介手数料を受領せず、売主からのみ仲介手数料を受領します。

一般的な不動産会社と比べて半分の収益で更に建物診断も無料にして大丈夫なのか?

と思うかもしれませんが、そもそも、『専門家の建物診断のお仕事を確保するため』の不動産仲介ですので、売主の仲介手数料さえ受領できれば、田中住宅診断事務所としての建物診断の料金を十分確保できるという考え方です。

このようにして、高価でハイレベルな建物診断をより多くの方々が受けられるようにしています。


>続きを読む

お問い合せ

早割会員登録  仲介手数料無料になるか簡単判定 内覧の予約
メンバー限定ブログ記事
優先案内予約
住宅ローン無料相談
DVDプレゼント
仲介手数料無料になるか
最短30分で判定
個人情報の入力不要
ニックネームでもOK!
お取扱い判定で
仲介手数料無料で
お取扱い可能な場合は
内覧検査予約
仲介手数料無料になるかお取扱い無料判定電話番号

Copyright(C) Residential Estate Corporation.All Right Reserved