TOP >住宅診断
関連記事
1.新築の住宅診断とは?
2.住宅診断を超える田中式建物診断
3.素人の営業マンの住宅診断の危険性
4.住宅診断をするのに必要な資格
5.どんな住宅診断を受ければいいか
6.新築の欠陥・手抜き工事の事例
7.費用をかけずに住宅診断するには
8.建物診断を行なうべき物件
9.役所の検査(完了検査)は、欠陥検査じゃない
10.引渡しまで合計4回の建物診断
3.素人の営業マンの住宅診断の危険性

3.素人の営業マンの住宅診断の危険性

近年は、販売促進の為に仲介業者が無料で住宅診断を実施するケースが増えてきました。

住宅診断や建物診断は、簡単なようで難しいものです。

精度の高い診断を行なう為には、専門知識、多くの経験とノウハウ、専門資格を持った専門家が行わなければ住宅診断(建物診断)を行なう意味がありません。

仲介業者が無料で行う住宅診断の原状を見ると、明らかに販売促進の為に専門資格の無い営業マンが水平器をもって見様見真似で住宅診断をするケースが後を絶ちません。

私どもには、そのような住宅診断を不信に感じたエンドユーザーからの相談が近年増えてきております。

仲介業者が販売促進の為に導入した住宅診断(ホームインスペクション)ということは、住宅診断をして悪い結果が出てしまい契約に至らない・・・という事態は仲介業者にとって避けたいところなのでしょう。

そのことから、専門資格がない営業マンが住宅診断を行なった場合、不具合を発見しても隠蔽してしまう傾向があるので注意が必要です。


>続きを読む

お問い合せ

早割会員登録  仲介手数料無料になるか簡単判定 内覧の予約
メンバー限定ブログ記事
優先案内予約
住宅ローン無料相談
DVDプレゼント
仲介手数料無料になるか
最短30分で判定
個人情報の入力不要
ニックネームでもOK!
お取扱い判定で
仲介手数料無料で
お取扱い可能な場合は
内覧検査予約
仲介手数料無料になるかお取扱い無料判定電話番号

Copyright(C) Residential Estate Corporation.All Right Reserved